Go Back!

渡辺 生(しょう)さんの年譜 (本名:坂本 生)

■大正 6 年 新潟県にて出生。
■昭和11年 映画に憧れて上京し、
       神奈川県横須賀市の映画館に映写技師見習いとして入所。 
■昭和13年 東京発声映画製作所に、照明助手として入所。  
       記録映画「ミクロの世界」、劇映画「太陽の子」、
      「奥村五百子」、「黄色いカラス 」などに参加。
■昭和15年 応召。 
■昭和19年 帰還後東宝撮影所照明部に入所するが再応召。
■昭和21年 復員後、フリーの照明マンとなり、日映新社にて文化科学    
       映画などに参加。
■昭和21年〜25年 東映撮影所照明部に所属後、再びフリーに戻る。
      「ひめゆりの塔」(東映)に参加。
■昭和34年 坂本トミ子さんと結婚
■昭和42年〜54年 教配スタジオ照明部に所属して以降は、
       一貫してフリーの照明技師として現在に至る。
■昭和60年〜多摩芸術学園講師を経て、多摩美術大学芸術学科
       映像コースで映画照明技術の講師をつとめ、平成10年退官。

 近年の劇場用映画の代表作は、
■昭和61年 劇映画「ゴンドラ
■昭和63年  記録映画「私家版・今井正」

 また、照明技師をつとめる傍ら、自らで製作した記録映画として、
■昭和42年「愛と力」16mm記録映画(文部省推薦作品)
■昭和56年「山襞の叫び」8mm記録映画
■昭和58年「時は甦る」8mm記録映画
■昭和58年「鉱山の足跡」8mm記録映画 などがある。

 昭和63年頃、妻・トミ子さんに痴呆の症状が出始め、平成2年〜3年末まで自宅での介護生活に入る。この期間に、プライベートな記録としてビデオで撮影されていた映像を、このビデオ「風 流れるままに」でお借りした。

 平成3年末にトミ子さんが入院して以降、トミ子さんの闘病生活をたったひとりで記録した16mmフィルムが、 
■平成6年秋、映画「おてんとうさまがほしい」として完成。
 以後「おてんとうさまがほしい」の全国での上映・講演活動に奔走するかたわら、日立市・痴呆症老人を抱える家族の会<そよかぜの会>の会長としてその設立と運営に力を尽くし、 
■平成8年 茨城県における福祉などの功労者をたたえる「小平奨励賞」が贈られた。 

■さらにトミ子さんの自宅介護の様子をまとめたドキュメンタリービデオが
 平成11年末に、「風流れるままに」-アルツハイマー病の妻と生きる」として完成。

平成13年5月より、新作記録映画「謎の大祭礼」の映像製作委員会を設立、(84歳の現在も)撮影のため、茨城県内にとどまらず全国を奔走している。
                        

    

トミ子さんは, 日立梅ヶ丘病院に入院されていましたが
平成14年4月28日逝去されました。謹んでご冥福をお祈りいたします。
   


・昭和54年 日本映画テレビ技術協会 第12回増谷賞受賞
・第24回 映画の日 実行委員会 永年勤続賞受賞
・昭和55年 第3回  日本映画照明技術協会賞受賞

 <所属学会・所属団体> 
  日本映画照明協会顧問 
  日本映画テレビ技術協会正会員

茨城県日立市在住     
 平成14年5月 現在   


Go Top!


映画「おてんとうさまがほしい」
<副読本>

老いて生きる

〜映画「おてんとうさまがほしい」を語る〜

生さんの新作のオフィシャルサイト↓


広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー